2013年01月31日

長波放送

日本では送信されていないが長波(300KHz以下、定義いろいろあり)を使用した一般ラジオ放送は国土の広い国を中心に活用されている。 同じ空中線電力でより遠くまで届きやすい特性のためであろう。 日本では長波の放送免許が認められていないので長波ラジオは手に入りにくいが、ロシアなどは長波放送が盛んである。 といっても軍用・業務用周波数帯が多いので放送局そのものの数は少ないが…。

録音はRadio Rossi (ロシア)279KHz,
電波の強さからユジノサハリンスクからの電波だと思われる。
posted by ぐ at 21:37| Comment(0) | ふつーのラヂオ

2013年01月22日

ラジオファックス 4 オホーツク海の海氷

気象庁の気象ファックスは冬になると週に2回北海道北部の海氷の状況も送信している。(WEBサイトではいつでも閲覧できるのであくまで船舶用)

JMH_20130122_7.7931ice.jpg まぁ北海道限定情報のようなものだが、季節感は感じまんな。
 北朝鮮から遼寧省の沿岸も凍るとは知らなんだ。
 おーさむ。
posted by ぐ at 20:43| Comment(0) | 業務放送局

2013年01月13日

ディファレンシャルGPS

船舶の航行にはGPSが欠かせないが近海では漁業のポイント確定やレジャーフィッシング、狭い海域での航行、工事作業などのためピンポイントでの経度緯度情報が必要である。 衛星のGPS信号では精度数10mで地図座標が決定できるらしいが、刻々と変化する補正データを加えると位置情報の精度が1m以下に上がるらしい。 つまり多くの船舶は衛星電波と近海では地上波データを組み合わせて海図上の位置を確認しながら航行しているというわけでんな。 その補正データを送信するのが地上波のディファレンシャルGPS局(電波灯台)から発射されているデータ放送。 

日本では海上保安庁が27局の電波灯台を運用し、おおむね海岸から200kmの海域をカバーしている。使用される周波数はCW(電信)モードで300KHzあたりであるので一般のラジオでは受信できない。 受信音だけ聞いていると怪しげな雑音であるが、デコーダーにかけると刻々と衛星データの補正値が送られているのがわかる…なんだか知らないところでいろんな事やってるのー世の中は。

ディファレンシャルGPSデータのデコード動画(同調、受信、データのデコード開始=DGPS剣先灯台の電波、309KHz13MBあるので時間がかかるかも
-----------

海上保安庁DGPSトップページ
posted by ぐ at 11:26| Comment(0) | 業務放送局

2013年01月09日

チャンネルマーカー

は沿岸警備系の海岸局が、”ここで電波出してますよ”と日柄言い続けているような送信だが、自局のコールサインを延々と送信し続けているだけのもの。 本来は海難通信用に通信周波数を確保し続けるためのものだそうだが…軍用やろほんとは。 送信し続けてるけど返信したら自動的に交信が始まるのかしら? 中国海監船用じゃないかい?

チャンネルマーカー受信音
posted by ぐ at 17:18| Comment(0) | ディープやで

2013年01月04日

ラジオファックス3 USA

アメリカでの海洋向けお天気FAXの送信はコーストガードの担当で、NOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration = 商務省の下部組織)の気象データを電波で送信している。 国が広いので強い電波を発信しているのかと思いきや、すべて気象庁と同じ小電力ともいえる短波帯の4Kw送信機(TBSの1/25)を使用している。

送信箇所は、Honolulu(Hawaii), Kodiak(Alaska), Pt. Rayes(California), New Orleans(Louisiana), Boston(Massachusetts) の5か所でBostonやNew Oreleansは相当覚悟しないと受信できないか描画しても天気図にならない。 外洋の船舶での受信であれば雑音や障害物もなく遠距離にもかかわらず意外と使用に耐えるのかもしれない。

KVM20120919.jpg子供が描いたとしか思えないハワイ(KVM70)からのサイクロン注意情報…ハワイからこっちは台風、向こうはサイクロンというのかしら?



NOJ_cook_inlet_ice_20121023_8.4571.jpgアラスカ・コディアック(NOJ)からのクック入り江(太平洋からアンカレッジに通じるアラスカ湾奥の入り江)の氷結状況図。 夏なので氷はない。




NMC20120416.jpgカリフォルニアからのNOAA衛星写真(カリフォルニア半島、メキシコ西岸地域)




NMG_Lousiana20121106_8.502.jpgニューオリンズ(NMG)からの天気図。何が何だか判らんが放送開始のCQCQCQ DE NMG NMG NMG(送信開始の国際符号様式)が描画できているのがミソ。




NMF_Boston_20120913_9.1081.jpgボストン(NMF)送信の東部北洋氷結図。9月なので氷はないがドイツ気象庁も同じ図を送信しているのでどうやら国際協定かなんかあるようだ。ボストンの信号はこれ以外受信できていない。





ホンマにひまやろ・・・・・・・・・・
posted by ぐ at 11:38| Comment(1) | 業務放送局