2013年04月10日

朝鮮民主主義人民共和国のラジオ

1950年代から粛清によって政権を維持してきた体制のその変態ぶりは今に始まったことではないが、ミサイルは安全な方向に撃てちょうだいよ…

短波帯の低い帯域は北朝鮮の電波の寡占状態だが、ほとんどは金正恩同士の偉業をたたえ、教えを伝達する内容しかない。 この録音↓、金正恩同士に感謝をささげる内容らしいが(あくまでも想像だが)人工音で大歓声と拍手が挿入されている。 その技術レベルの低さというか、はたまた本当はやる気がないのかあきれてしまう。 
posted by ぐ at 20:14| Comment(0) | ふつーのラヂオ

2013年04月02日

ユーロ圏ボルメット

ヨーロッパ大陸向けの空港気象情報はアイルランドのシャノン空港から1時間単位で一括して放送される。日本では受信困難であるが録音を根気よく仕掛けると時たま明瞭に入感することもある。 音声は This is Shannon Volmet のIDに続いてストックホルム(オランダ)、マンチェスター、シャノン、コペンハーゲンと情報が続いている。(13.267MHz早朝) 夜中じゅう受信状態で信号を探していても無駄なことがほとんどなのでICレコーダーで録音したものを探すのに限る…。
Shanonn Volmet 

ユーロ圏ではイギリス空軍とフランス空軍がVOLMET放送を実施し、フランス軍はアフリカ中心、イギリス軍は国内空軍基地と中東地域の基地が中心である。 こちらはもっと受信が難しい。 録音は This is RAF VolmetoのIDに続いてマスカット-カンダハル-聞き取れないところ-フジャイラ-カブールと続いている…この5分後には信号は消えてしまった。(11.253MHz)

Royal Air Force VOLMET
posted by ぐ at 22:05| Comment(0) | 業務放送局