2013年07月23日

ATIS

発着量の多い飛行場では上空に向かって天候や滑走路情報を送信するATIS(Automatic Terminal Information Service)放送を実施している。ほとんどは機械音声の情報の繰り返し放送であるが、送信出力が弱いので近在の羽田空港のATISでさえ蚊の鳴くような音でしか入感しない。地上ではともかく上空でははっきりと受信できるのだろう・・・。 周波数は128MHz近辺の超短波帯でAMで送信されている。

羽田空港のATIS放送(機械音声-微弱)


米軍横田基地のATIS放送(兵隊さんの肉声録音-強力)
posted by ぐ at 19:52| Comment(1) | 業務放送局

2013年07月06日

GOES

チャリンコを漕ぎに行ったが余りに暑かったので途中で引き返し(本日梅雨明けだったそうだ)、帰宅して受信機に灯を入れるた。 アンテナはヨーロッパを指向していたのだが、ほぼ90度方向違い(アンテナの特性上ゲインがヌルに近い)のカリフォルニアの沿岸警備隊のFAX放送が昼間にも、そして磁気嵐”やや活発=G3”にもかかわらず比較的強力に入感していた。

GOES_NMC_fax.jpg受信した静止衛星GOESの画像であるが、上が本日の画像で磁気嵐の雑音が入っているがメキシコは低気圧の雲に覆われていることがわかる。(画像の下半分は地理が判るように古い晴天時の受信画像を張り付けてある。 GOES(Geostationary Operational Environmental Satellite)はアメリカの静止衛星で天候を中心とした地球観測を目的として打ち上げられ、現在は4機が運用中で南極観測専門のものもある。 日本のひまわりもGOESの子分のようなものであるが、1号機はケープカナベラルで打ち上げられている。2号機以降は種子島から三菱のロケットで打ち上げられ、現在は6号と7号が運用中とのことである。 ひまわりの情報は太平洋地域の各国に提供されている。

NOAAの衛星は画像FAX信号を発しながら地球を周回していてその画像の受信は容易であるが、これらの静止衛星の信号受信は一般には困難であるらしい。(機材に金がかかりすぎる) そのうち中華鍋を使って実験してみるか…。

posted by ぐ at 17:57| Comment(0) | 業務放送局