2013年10月03日

TBSのお化け

TBS.jpg荒川土手を自転車で走っていると笹目橋付近に戸田競艇に並んでTBSの送信アンテナが建っている。 その付近ではラジオを聴いているとどこを回してもTBSが混信する。 これは強電界によりラジオの回路が同調外で共振しているようなものだが、ひょっとしてそこではコイルとスピーカーだけで音が鳴るかもしれない。アンテナ直下の家庭ではいろんな現象が起こっているのではないだろうか、と想像したりもする。

我が家はこのアンテナから5kmの位置にありTBSの954KHzの倍数に相当する周波数ではしょっちゅうTBSが混信している。長波帯の119KHzなんかでもちゃんと?TBSが鳴っている。 近似の方向に米軍のAFN(810KHz)距離3km、NHK第1(594KHz)距離35km、があるので受信機回路内でのお化け(と称する)混信は短波の低い周波数帯では結構厄介なものである。

ant-recv_basic_diagram.jpg左は我が家のラジオセットの構成であるが、中波帯も受信域に含んだアンテナと受信機の中間にはハイパスフィルター(磁石に電線をまいた回路=理屈はよくわからん)という中波帯より周波数の大きい電波を通す器具が入っている。つまり中波帯の周波数の電流を弱めてしまう回路である。 こいつが結構優れもので、カタログ値とは相違があるが1500KHzより周波数の大きい帯域ではほぼ完ぺきに中波局混信を除去してくれる。

無線をやる人にとっては当たり前のことではあろうが・・・無駄話として。
posted by ぐ at 20:36| Comment(0) | ふつーのラヂオ