2012年12月25日

乱数放送

昔は中波の600-700KHzあたりは夜になると北朝鮮の乱数放送が日本のラジオ放送の妨害となっていたが最近は聞かなくなった。 スパイや工作員向けの指令や拉致の命令も含まれていたことを想像すると胸糞悪くなるが、今でも乱数放送は世界中で利用されており多くは短波帯を使用している。警察庁も八王子で懸命に聞いているはずであるが、何分すべて秘密であるので実態はわからない。

ENIGUMA(エニグマ)2000というイギリスの乱数放送マニアのグループが世界の乱数放送を整理して番号(乱数放送の固有名詞に相当する)を付けたり、周波数情報を交換しているが、アジアでは韓国、北朝鮮、中国、台湾、ベトナムなどの放送が確認されており、イスラエルのモサドやCIAの電波も確認されている。(実体が把握できないのですべて想定ということらしい)

台湾から出されている乱数放送は、星星広播電台と堂々と局名をアナウンスして**充て指令などとアナウンスの上暗号数字が読み上げられる…あまりに堂々としているので単なる攪乱放送のような気もするのだが…

 V13(エニグマナンバー)星星台オープニングの後に開始のアナウンス、続いて乱数130秒

 V16(エニグマナンバー) 大陸のものと思われる乱数放送(最後に再見と言っている75秒)
posted by ぐ at 20:31| Comment(0) | ディープやで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。