2012年12月27日

乱数放送2

実体が把握されてないスパイ放送とされる乱数放送であるが、国家権力機関の送信かどうかもわかっていない場合が多い。 とにかく裏の通信らしいということしか想像できないが、変わり種として世界中のアマチュアが追いかけている送信にチャイニーズロボットと呼ばれるものがある。DSPを使用して変調されたものを受信側で再びDSPにかけて音声にするらしいが…100種類程度の周波数が確認されているがその時々で2-3のチャンネルを使用するので根気よく探さないと受信はできない。しかし電波そのものは強力で、名前の通りに中国からのものかどうかは判らないが、アジア地域のものには違いない。

VC01(エニグマナンバー)
Chinese Robot とにかく底抜けに不気味である
posted by ぐ at 17:25| Comment(0) | ディープやで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。