2013年06月21日

モールス信号解読ソフト

馬鹿馬鹿しいと言えばそれまでだが、PCの普及によるものか電信を平文にするソフトが相当前からある。 音をデジタル処理するので信号がある程度強力でないと正しく動作しないがどう考えてもモールスを覚えた方が実用的な気がする…通常通信ではモールス信号はもはや使われないそうで、アマチュア無線の試験科目からもなくなったそうであるが…しらんかった。 ちなみにこいつ、右側に英文字をタイプしてスイッチを押すとトンツーツートトなんて音を発信して送信機からCW信号を発するようになっている。 やめた方がいいな。

CW解読ソフト(受信局は韓国テレコムのチャンネルマーカー)
posted by ぐ at 11:10| Comment(1) | ふつーのラヂオ
この記事へのコメント
今はすっかり感覚をなくしましたがモールスは空を飛んでいる人は飛行機だろうとヘリだろうと必ず使います。このモールス信号がとんでいる基地局を利用して現在地とヘディングを確認するのです。膝にニーパットというバインダーをしばりつけてメモや地図を広げますが、そのバインダーにもモールスはしっかり載っています。数字は簡単ですが、英字をみるたびに直ぐにフォネティックとモールスにして練習しました。懐かしい想いでです。
Posted by 石川 at 2013年06月22日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。