2013年08月19日

シングルレタービーコン

50年も前から途切れることなくモールスで1日中一文字を送信している局がある。 SLB(Single Letter Beacons)と呼ばれるものでロシアの複数の場所から送信されているらしいのだが、ソ連時代から継続されており、軍事訓練用かレーダー実験用か、はたまた純粋に電波の伝播状態確認用なのかいまだにはっきりした目的などは明らかにされていない。 詳細はWIKIにまとめられているが、極東地方の電波は割合簡単に受信できる。時々暗合符が混じるという話もあるが、確認したことはない。

衛星通信が発達した現在では用済みとも思えるし、潜水艦に伝令するにはもっと確実な方法があるだろうし、なんじゃろか?

レターK(ペトロパブロフスク・カムチャツキーかららしい)−・− 13.5283MHz


レターM(マガダンかららしい)−− と
レターF(ウラジオストックかららしい)・・−・ の混信 8.4954MHz


スパイ大作戦かい?
そういえば米空軍も短波による一斉通信網(HFGCSW)を構築しているし、最後の手段なのかもしれない。 やだやだ。

あれ!「ニイタカヤマノボレ」もあちこちから一斉送信されたんだった。 使うなよこんなもん。
posted by ぐ at 21:24| Comment(0) | ディープやで
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。