2014年01月09日

無指向性無線標識

飛行機が方向を探知するのに無指向性無線標識(NDB=Non-Directional (Radio) Beacon)という電波を使用する。受信側は自動方向探知装置を使用し電波の出どころとの角度を計算しつつ飛行するそうだ。NDBは中波を使用するが現在では旧式で新しいものはより精度の高いVHF(超短波)を使用するVOR無線標識に代わっているそうである。

標識はモールスによる識別信号とAM変調音で構成され、近在では自衛隊の新立川NDBが入感するがどのNDB送信局も出力は微弱なもののようである。我が家では新立川しか入感しない。 飛行機では2か所の信号の交点を現在地として使用する。

新立川NDB信号366KHz(モールスTN=新立川の識別符号)
posted by ぐ at 00:04| Comment(2) | 業務放送局
この記事へのコメント
夕方、飛ぶ時はこれがないと怖いです。上空は昼なんだけど滑走路は夜でライトは見えるけど錯覚おこしやすいです。デイタイムは逆にあほらしくてつかいませんが。
Posted by 石川 at 2014年04月03日 00:16
スーパーコピー, ブランドコピー通販【NobleShop111 - スーパーコピーブランド市場】スーパーコピー時計くぎを並べるのといいます。並べてコバルトに順番に当たるフランジの上によくいくつ(か)の孔(さん)があって、これは並べて部品の矯正の平衡の時残す痕跡に順番に当たるのです。
大振り子はくぎの1面を並べるのに対して1条のノッチがあって、たとえばつの口でもを捕らえるのノッチ左右を通じて(通って)揺れ動きます。大振り子の両端軸の首は2種類の形式があります:錐体形を呈して、ベアリングのを並べて内孔がV形を呈して、このような錐体形の大振り子が加工するのが便利だ、奮い立ちに耐えるスーパーコピー時計
Posted by スーパーコピー時計 at 2014年06月18日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。