2014年04月20日

US沿岸警備隊NMG その2

NMG_Lousiana20140420_12.788.jpg短波というのは不思議なもので、近頃はアメリカ沿岸警備隊ニューオリンズの気象FAX(NMG)電波が12.788MHzで感度を増している。出力4kwの割には何とか地球の裏まで届いている。但し時間帯は限られ、ルイジアナの夜明け前=日本の夕刻といった双方の電離層が夜間の性質を持つ間ということになる。中間の大平洋は夜中なので伝播は良好なはずである。 日本から大圏地図で見るとほぼ同方向、等距離のボストンの電波がほとんど届いていないのとは対照的で、おそらくはアンテナの張り方(指向方角)が違うせいであろう。

今日は長時間の概要気象概況(TEXT)がほぼ全文解読できる状態でデコードできた。この局のFAX文字が解読できることは結構珍しい事である。

どう考えても大西洋の天気概況を知っても飯は食えんのだが・・・
posted by ぐ at 21:16| Comment(0) | 業務放送局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。