2015年04月14日

US沿岸警備隊アラスカ

から出てる4kwのラジオファックス局NOJがやけに強力に入感している。12.4106Mhz-USBであるが春になって波長の短いバンドの伝播状況が良くなりつつある証左と思われる。

NOJ_ALASKA_201404141057utc_12.4106.jpg受信機:icom IC-R75
アンテナ:ALA1530 0-180度指向

図はベーリング海の結氷状態の5日間予測


posted by ぐ at 20:32| Comment(0) | 業務放送局

2014年04月20日

US沿岸警備隊NMG その2

NMG_Lousiana20140420_12.788.jpg短波というのは不思議なもので、近頃はアメリカ沿岸警備隊ニューオリンズの気象FAX(NMG)電波が12.788MHzで感度を増している。出力4kwの割には何とか地球の裏まで届いている。但し時間帯は限られ、ルイジアナの夜明け前=日本の夕刻といった双方の電離層が夜間の性質を持つ間ということになる。中間の大平洋は夜中なので伝播は良好なはずである。 日本から大圏地図で見るとほぼ同方向、等距離のボストンの電波がほとんど届いていないのとは対照的で、おそらくはアンテナの張り方(指向方角)が違うせいであろう。

今日は長時間の概要気象概況(TEXT)がほぼ全文解読できる状態でデコードできた。この局のFAX文字が解読できることは結構珍しい事である。

どう考えても大西洋の天気概況を知っても飯は食えんのだが・・・
posted by ぐ at 21:16| Comment(0) | 業務放送局

2014年03月31日

八重瀬ディファレンシャルGPS局

gesashi.jpg夜中目が覚めたのでどうという気はなかったのだが、アンテナがたまたま西南西(日本列島両端方面)に向いていて1.669MHzUSBに同調を合わせてみたら、船舶気象通報(海上保安庁灯台ラジオ)の慶佐次ディファレンシャルGPS局の時間帯のはずのくせに聞きなれないコールサインが聞こえてきた。「やえせ」とかゆうとる。 調べてみると慶佐次は廃局になり3/26から沖縄本島南部の八重瀬町(摩文仁の近く)にGPS局が移設になっていた。 慶佐次GPS局はもともと米軍管轄地の中にあり辺野古の近在であるが、普天間移設と関係あるのかしら??

ちなみに空中線電力が50wから70wに上がっているらしいが、目くそ鼻くその類で東京から見れば微弱電波には変わりない・・・。


そこそこ明瞭であったが、普段は聞こえない宮古島(石垣市)も入感していたので伝播状態が良い夜であったのであろう。

posted by ぐ at 20:46| Comment(0) | 業務放送局

2014年03月26日

US沿岸警備隊NMG

沿岸警備隊の基地のうち、チェサピーク、ニューオリンズ、カリフォルニア、アラスカ、ハワイからは無線気象FAX、上記に加えてグァムからは音声で気象放送を外洋船向けに放送している。

NMG20140326_12.788.jpg久々にニューオリンズのNMG局にチューニングすると信号があったのでPCにつなぐとこんな感じでデコードできたのだが、FAX音を短波に載せて運ぶとやはり少し変形してしまうようだ。

沿岸警備隊のWEBの画像と比べるとこんな感じであった。(12.788MHz、0825UTC、大西洋波高図)
posted by ぐ at 17:59| Comment(0) | 業務放送局

2014年01月09日

New Zealand MET

newzealand_fax20140109.jpg永らくアンテナを南北方向に向けていなかったので、人力回転装置でループアンテナを90度回転してみた。 13.5505Mhzでニュージーランドの気象ファックスを受信したが、冬の割には信号強度はそこそこであった。 なんでかは知らんが、短波帯では冬は長い波長、夏は短い波長のバンドが良好のようである。 このFAX信号の出力は5KWしかないので、音を画像に復調できれば良い方である。

newzealand_fax_web20140109.jpgニュージーランドの海洋気象予報を含む天気予報はMeteorological Serviceという会社がすべての配信を受け持っている。 会社は政府の持ち物であるが株式会社が正式な気象警報を出すシステムは少ない例かもしれない。 サイトで入手した受信FAXのオリジナルは左図の通りであるが、どうも南半球の地図はピンとこない・・・天気は東からやってくるんだろうか?
posted by ぐ at 23:21| Comment(0) | 業務放送局

無指向性無線標識

飛行機が方向を探知するのに無指向性無線標識(NDB=Non-Directional (Radio) Beacon)という電波を使用する。受信側は自動方向探知装置を使用し電波の出どころとの角度を計算しつつ飛行するそうだ。NDBは中波を使用するが現在では旧式で新しいものはより精度の高いVHF(超短波)を使用するVOR無線標識に代わっているそうである。

標識はモールスによる識別信号とAM変調音で構成され、近在では自衛隊の新立川NDBが入感するがどのNDB送信局も出力は微弱なもののようである。我が家では新立川しか入感しない。 飛行機では2か所の信号の交点を現在地として使用する。

新立川NDB信号366KHz(モールスTN=新立川の識別符号)
posted by ぐ at 00:04| Comment(2) | 業務放送局

2013年07月23日

ATIS

発着量の多い飛行場では上空に向かって天候や滑走路情報を送信するATIS(Automatic Terminal Information Service)放送を実施している。ほとんどは機械音声の情報の繰り返し放送であるが、送信出力が弱いので近在の羽田空港のATISでさえ蚊の鳴くような音でしか入感しない。地上ではともかく上空でははっきりと受信できるのだろう・・・。 周波数は128MHz近辺の超短波帯でAMで送信されている。

羽田空港のATIS放送(機械音声-微弱)


米軍横田基地のATIS放送(兵隊さんの肉声録音-強力)
posted by ぐ at 19:52| Comment(1) | 業務放送局

2013年07月06日

GOES

チャリンコを漕ぎに行ったが余りに暑かったので途中で引き返し(本日梅雨明けだったそうだ)、帰宅して受信機に灯を入れるた。 アンテナはヨーロッパを指向していたのだが、ほぼ90度方向違い(アンテナの特性上ゲインがヌルに近い)のカリフォルニアの沿岸警備隊のFAX放送が昼間にも、そして磁気嵐”やや活発=G3”にもかかわらず比較的強力に入感していた。

GOES_NMC_fax.jpg受信した静止衛星GOESの画像であるが、上が本日の画像で磁気嵐の雑音が入っているがメキシコは低気圧の雲に覆われていることがわかる。(画像の下半分は地理が判るように古い晴天時の受信画像を張り付けてある。 GOES(Geostationary Operational Environmental Satellite)はアメリカの静止衛星で天候を中心とした地球観測を目的として打ち上げられ、現在は4機が運用中で南極観測専門のものもある。 日本のひまわりもGOESの子分のようなものであるが、1号機はケープカナベラルで打ち上げられている。2号機以降は種子島から三菱のロケットで打ち上げられ、現在は6号と7号が運用中とのことである。 ひまわりの情報は太平洋地域の各国に提供されている。

NOAAの衛星は画像FAX信号を発しながら地球を周回していてその画像の受信は容易であるが、これらの静止衛星の信号受信は一般には困難であるらしい。(機材に金がかかりすぎる) そのうち中華鍋を使って実験してみるか…。

posted by ぐ at 17:57| Comment(0) | 業務放送局

2013年06月28日

ラジオファックス 南アフリカ

ZSJという南アフリカ(south africa weather service)の海洋気象FAXの受信を昨年から試みているが、まったく入感がなかった昨年に比較し、春が終わったころから蚊の泣くような音で入る日が出てきた。ほとんど絵にならないのであるが不思議なことに磁気嵐が静穏の日より”やや活発”の日のほうが信号は強い。送信は喜望峰のあるケープタウンから出力10KWで行われている…極東で受信しようとする方が非常識なのだが。

ZSJ20130625_13.5361.jpg昼間の受信画像(13.5361MHz)



ZSJ20130628_0030h_13.5361.jpg(深夜の画像=現在のベスト画像)



ちなみに日本も含め気象庁に類する政府機関は世界気象機構(world meteorological organization = 国連の下部機関、本部はスイス)に加盟しておりWMOのWEBから世界中のFAXや音声の海洋気象通報が調べられる。 送信出力もわかるのだが…多くは日本では受信できないと思われる局ばかりである。

役に立たん趣味である。
posted by ぐ at 17:13| Comment(2) | 業務放送局

2013年05月11日

海上交通センター

海上保安庁交通部は全国の船の往来繁多な海域に海上交通センターを設置し船舶の航行援助を実施しているが、その一部門としてハイウェイラジオと同様に無線で海上交通情報を通知している。 現在全国7か所にセンターが設置されいるがすべてでラジオ通報を実施している。(1651KHz 1665KHz AM) 出力は10WらしいのでTBSの1000分の1であるが混信が少なく東京で全局受信できる)

センターの設置個所は:(設置場所 コールサイン)
関門海峡(北九州市 かんもんマーチス)

来島海峡(愛媛県今治市 くるしまマーチス)

備讃瀬戸(香川県宇多津 びさんマーチス)

大阪湾(兵庫県淡路市 おおさかマーチス)

伊勢湾(愛知県田原市 いせわんマーチス)

名古屋港(名古屋市 なごやハーバーレーダー)

東京湾(神奈川県横須賀市 とうきょうマーチス)


であるが,全局入感することはするのだが不思議なことに最も近い東京湾海上交通センターの放送が最も遠い。
受信音声はAMをUSBモードで受信したもの。(1850KHzのハイパスフィルターを使用)
posted by ぐ at 17:51| Comment(0) | 業務放送局