2012年11月26日

短波

カーラジオのAM放送が発射されている周波数帯の電波は中波と呼ばれるが、2MHzあたりから30MHZあたりまでの周波数帯はHF=短波帯などと呼ばれる。 帯域が広いので周波数によってさまざまな特性を表すが、短波は電離層(F層)で反射され地球表面を伝播されていき、一般に夜になると電離層が強くなりよく電波を反射する。結果、電波の到達距離は夜のほうが良好になるのが一般的である。

イギリスのノースウッドにGYAという気象FAX局があり、このラジオはNATOの船を対象に気象FAXを送信することが主たる任務とされている。出力は10KWで地方ラジオ並であり、日本ではなかなか受信が困難である。不思議なことに夜中の入感はほとんどなく(機材によるのであくまでうちでの話)、夜明け日没の短い間だけFAX音が入感する。信号はごく弱く、音声だと了解可能なのかもしれないが、FAX信号はなななかデコードできない。時差が9時間あるので日本の日没時はイギリスの夜明けに相当する。これも冬季の場合で夏季では両方とも夜という条件にはならない。

GYA1640h.jpg日本も夜が長くなり数週間前からGYAの入感が始まったが30分の時間差で入感状況が一変してしまう。17:00前後は何とか絵が出る程度の受信である。(12月になるともっと良好になると想定できるが)

GYA1720h.jpg30分ほどたつとあっという間に信号音が弱くなり、デコードしても絵が出てこなくなる。(同期信号の黒いマーカー=縞模様、だけ写っている) ちなみに同時刻の地球上の昼夜図を合わせると、イギリス側の夜明けに従って電波の到達状況が悪化したことが理解できる。発射側の電離層が日の出とともにどんどん弱くなっていくのかもしれない。


注:昼夜の地図は独立行政法人情報通信研究機構の宇宙天気情報センターでリアルタイムで配信されている。   http://swc.nict.go.jp/radio/
posted by ぐ at 11:11| Comment(0) | ふつーのラヂオ

2012年11月18日

ラジオファックス

ファックスもメールに置き換わりめっきり使わなくなったが、その歴史は案外古い。音の中に白黒の信号を載せて機械で復調するシステムは1930年代にはアメリカ国内で商業的に使用されていた。信号の伝搬手段は電波で不安定であるがゆえにすぐに電話線に置き換わったのであるが、1990年ごろはイギリスで商業ベースのFAXニュース放送が実施されていた。もっとも数年でやめてしまったらしいが。

JMH_JPN_20121008_13.9866.jpg現在でも無線FAXは公的機関により主に船舶に向けて放送が実施されている。日本では気象庁がほぼ24時間体制で天気図や海洋図の信号を放送している。


JMH_JPN20120318.jpg冬になると海の凍結のお知らせなんかもやっている。





kyodo.jpgまた共同通信は船舶向けに新聞をFAX出版しており、これは有料である。(といっても誰でも受信できる電波であるのでちゃんと商業ベースに載っているかどうかは甚だ疑問)

気象庁の電波は東京からではなく鹿児島県から5KWで発射されているが、衛星通信の普及に伴いいつまで続くか疑問なところもある・・・

現在無線FAX放送を行っている国: 日本、韓国、台湾、タイ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダ、チリ、ロシアなど、いずれもアマチュア無線波の電波か地方のラジオ局程度の出力で日本では受信困難なところも多い。

-----------

FAX受信音受信の仕方:FAX信号電波をUSBモードで受信し、その音をPCに取り込みデコードソフトに任せるとチャートとなって表れてくる…簡単。(昔は専用の機械でデコードするしかなく高価であった。
posted by ぐ at 17:16| Comment(0) | 業務放送局

2012年11月14日

JJY

JJYという無線局があって、多くの人がその電波を受信して生活している。 昔は5-10-15MHZなどの区切りの良い周波数で信号を送信していて時計合わせや(音声で時刻をアナウンスしてた)周波数ダイヤルの補正に利用されていたが、現在では40KHzと60KHzという波長の長い周波数で日本標準時の信号を送信している。 普通のラジオでは受信できないが時計はしっかりその電波を受信している…うんだ、電波時計の電波。 東日本の40KHzの電波は福島から送信されていて、原発事故以後しばらく職員が退避していて停波していた。60KHzのほうは佐賀県から送信されている。いずれも50KWの出力でTBSの100KWより弱いが長波の特徴で地上を這うように伝搬するので役には立っている。

CW(電信)モードで受信した音はこんなんよく聞くと短音・長音に交じって10秒に1回定期的に短い音があって(上のプレイヤーの時計の6秒の位置で短音が必ず鳴る、その音の瞬間が*9秒(19秒-29秒-39秒ETC)でその合間は時刻や日付の信号である…ということは1秒ごとに時刻を通知しているわけではない。 どうりでうちのめざまし時計は気が向いたときに秒針が止まってしばらくするとぐるぅぅぅっと秒針が盤面を一回りして時刻を合わせてやがる。

ちなみに、・- - -  ・- - -  - ・- - はモールス信号でJJY。
posted by ぐ at 17:27| Comment(0) | 業務放送局

2012年11月12日

ラヂオ

中学から高校にかけてラヂオを聞くことが趣味であったのだが、初めて聞いたのが北京放送であった。 最初のころは毛主席、林彪副主席がなかよく独裁し、自力更生などといってソビエトを追い出したりしていたが、そのうち林彪一味が修正主義裏切り者集団となって毛沢東暗殺に失敗して蒙古で撃墜され、4人組がプロレタリア文化大革命の総仕上げとしてインテリ皆殺しを実況中継していた。ラヂオが政治力を持っていた時代である。さすがに日本人には嘘っぱちは通用しなかったが、北京放送から送られてきた毛沢東語録は実家のどこかに転がっているはずだ・・・

学生になってしばらくするとBCLラジオが大量に発売され一大ブームとなったが、現在は海外放送が聞ける日本製ラジオはSONYから販売されているだけ、しかも東北の子会社が制作したメイドインジャパンで同じ性能の中華ラジオの数倍の値段がする。 情報を得たり楽しむためにはインターネットが100倍有益であるので当然の帰結であろう。

ala.jpgさて、ラヂオだが…100%懐古趣味じゃな。 ブリキのおもちゃのコレクションと同系列のもので、通信機さえあれば電気代しかかからないのが優れもの。 
アンテナがぱんぴーには奇抜であるので、怪しげに思われるのがたまにぎずじゃな。

てなわけで、ラジオのシリーズに化してしまった、このWEBLOGは。
posted by ぐ at 20:16| Comment(2) | ふつーのラヂオ